J-1ビザでの事務業務

ハワイの企業に応募をされた際、J-1ビザでは販売や接客業務はおこなえないが事務業務は許可されているので18ヵ月間事務の研修をしませんかと言われた方は多いと思います。ハワイの企業の間では、事務で18ヵ月間の研修が可能と把握されていらっしゃる方が多い状況です。ただ、これは残念ながら正確な情報ではありません。

J-1ビザの規定では、事務(Clerical)の定義は以下のように決まっています。

Clerical—means routine
administrative work generally
performed in an office or office-like
setting, such as data entry, filing, typing,
mail sorting and distribution, and other
general office tasks.

また、事務の研修については以下の決まりがあります。

Designated sponsors must ensure
that the duties of trainees or interns as
outlined in the T/IPPs will not involve
more than 20 per cent clerical work, and
that all tasks assigned to trainees or
interns are necessary for the completion
of training and internship program
assignments.

このように、事務業務は全体の20%以下に抑えなければならないということになっています。 残りの80%は事務以外の研修でなければなりません。
総務や経営に関する研修など、事務以外の業務が80%入っていなければ許可がおりません。
受入先と研修内容について相談される際は、18ヵ月間事務をおこなうのではなく、十分に他の研修内容も入るようお話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL