J-1ビザの勤務は1週間に何時間?

J-1ビザでの勤務はフルタイムであることが必須になっています。1週間に32時間以上必ず勤務しなければならないということが規定で決まっています。
以下、J-1ビザの規定22 CFR part 62の一部を抜粋します。

(f) Obligations of Training and
Internship Program Sponsors. (1)
Sponsors designated by the Department
to administer training and internship
programs must:
(iv) Ensure that the training and
internship programs are full-time
(minimum of 32 hours a week);

このように最低の時間は決まっていますが、最高の時間は決まっていません。候補者と受入先の合意次第です。多くの受入先と候補者がが週に40時間程度のお話をされています。候補者ができる限り長い時間の勤務をおこなって短期間で多くの知識や能力を習得したいと希望される場合、50時間や60時間の勤務を受入先と話すことができる可能性があります。

ただ、J-1ビザではビジネスの知識の習得の他、アメリカの文化や生活習慣などの体験や習得も求められています。あまりにも研修時間が長いと、それらを体験する時間が短くなってしまいますので、多くのビザスポンサー団体は研修時間があまり長くならないように候補者や受入先に依頼をしています。多くのスポンサーは週に40時間ですが、中には35時間程度をお願いされるケースもあります。会社での勤務をしていない時間帯、例えば平日の夕方や夜、週末の時間はいろいろなアクティビティーをおこなったりイベントに参加することが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL