英語学科や英文学科の専攻はJ-1の応募資格として認められる?

海外で働いたり長期滞在をされたいという方の多くは、大学や短大で英語や英文学を専攻されていると思います。弊社にお問い合わせをいただく方の半数以上がそういった専攻を学校で選ばれています。学校で英語を勉強されている方は候補者の平均よりも高い英語力をお持ちで、アメリカの企業から受入に興味を持っていただける確率が高くなっています。ただ、残念なことにこれらの専攻の方はJ-1ビザの申請においてはあまり有利になりません。それは次のような理由からです。

アメリカの大学で英語の勉強をするのと、日本の大学で英語を勉強するのは大きく異なります。アメリカ人は英語がネイティブですので、大学で英語を勉強する場合は一般的な英会話といった感じのものは学びません。単語の成り立ちや文法の構造など、論理的に研究していきます。日本の大学で日本語を学ぶようなものです。これらはインターンとまったく関係ありません。

一方、日本の大学で英語を学ぶ際は英語が母語でない日本人学生を対象にしていて、外国語を学ぶ一方でその言葉が話されている国の文化や生活習慣も一緒に勉強します。そうしないとどういった場面でその言葉や文章が使われるのか、想像できない部分があるためです。この、文化や生活習慣を学ぶという点はインターンと関連があります。ビジネスシーンの英語を学んでいた場合はさらに深い関連があります。

申請書類に英文学科卒と書いたりするだけでは、審査をするアメリカ人側からしてみればインターンと関連ない分野を勉強していたのかと誤解されてしまう可能性が高くなってしまいます。

J-1プログラムへの応募の際は英文の履歴書を作成したり大学から推薦状を取り寄せたりしますが、その際にはアメリカの文化や歴史も勉強していることをしっかり書いていただくとプラスになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL