所属したことのある会社の関連企業でJ-1ビザは取れるの?

アメリカには多くの種類のビザがあります。 Aビザ、Bビザ、Cビザなどアルファベットの名前がついていますが、 その中で弊社が主にサポートをさせていただいているのはFビザ(学生ビザ)、Jビザ(交流訪問者ビザ)、Mビザ(学生ビザ)などの国務省が管轄のビザやプログラムです。 その他、労働局や移民局が管轄しているEビザ(貿易家・投資家ビザ)、Hビザ(特殊技能者・季節労働者)ビザ、Iビザ(報道員ビザ)、Lビザ(企業内転勤者ビザ)、Oビザ(卓越技能者)などを移民弁護士と共にサポートさせていただいた実績があります。

弊社でJビザの申請サポートをおこなわせていただく際は、候補者ご自身で受入先企業を手配されたケースと、弊社で受入先をご紹介するケースがそれぞれ半々くらいの割合です。ご自身で受入先を見つけられた方の中には、日本での勤務中に会社の上司や同僚からアメリカの関連会社を紹介してもらい、その企業からオファーをいただいたという方も少なくありません。 アメリカに本社がある会社の日本支店で勤務をされていた方が、アメリカの本社を紹介してもらったケースもあれば、 日本の本社で働いている間に、アメリカにある支店を紹介してもらった方もいらっしゃいます。 会社で勤務をしている間だけでなく、退職して別の会社で勤務をしている際に紹介をしてもらったという方もいます。

日本の本社で勤務をした後、アメリカの支店での勤務に申し込んだり、アメリカ企業の日本支店で勤務をした後、アメリカの本社のポジションに応募する場合には、日本での勤務先とアメリカの受入先企業の名前がそっくりというケースが少なくなく、第三者から見ると社内転勤のように感じます。そのような場合、交流訪問者ビザを取ることができるのでしょうか。企業内転勤ビザのLビザの申請のほうがふさわしいのではないでしょうか。

J1ビザの審査は、滞在許可証の発行をするビザスポンサー団体とビザを発行するアメリカ大使館・領事館がおこないますが、ビザの目的にあった申請かそうではないかの確認がおこなわれます。日本での勤務先と応募をしているアメリカの企業が関連している会社だからといってすぐに企業内転勤のビザの申請だとは断定せず、いろいろな側面を確認します。

このようなケースに、これまでビザスポンサー団体や大使館で確認された内容を一部ご紹介します。

・日本での業務はどのようなものか
・日本で業務中に使用していた言語は何か
・日本での上司はどこの国の人だったか
・アメリカではどのようなことをおこなう予定か
・アメリカでの業務中に使用していた言語は何か
・アメリカでの研修中に予定している監督者はどこの国の人か
・プログラム志望の動機は何か
・アメリカでの勤務をおこなうことによって本人にどのようなメリットがある予定か
・日本でおこなってきた業務と、アメリカでおこなう予定の研修ではどんな点に違いがあるか
・アメリカでの研修終了後はどのようなことを予定しているか

確認後、ビザの目的にあった申請であるとわかればビザが発給されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL